アイパオの話(その68)

夢を追う

ずっと昔安サラリーマンのあの頃。週末は4ナンバーのライトバンに家族5人で柴犬の「マット」を連れて旅に出たものだ。財布が乏しいので宿泊は狭い車の中。それでも楽しかった。いつも思ったのは「郊外の農園に家族で楽しめる小さな住まいがあるとどんなに良いだろう」って。

仕事で何度かフィンランドに行く。夏のヘルシンキ。週末になるとサラリーマンは一斉にマイカーで北を目指す(社長は残って仕事)。誰もが森の中、湖のほとりにサウナ付きの小屋を持っていてウキウキ飛び込むのです。白夜でした。男が小屋の屋根に座ってピンクに染まる湖面を見入っています。日本にもそんな生活あれば良いな。だけど日本のその景色に建つ家は想像できないがきっと素敵な小屋に違いない。

夢が形に

由布岳の麓、塚原の里にドーム小屋を作り始めていつの間にか15年経ってしまった。東日本と熊本大震災の復旧に馳せ参じたものの結果得られず。3年前、中国北京での防災展で新型アイパオ(PVCの骨組にポリカーボのパネルを装った)がデビュー、話題となって中国国営CNNテレビにも出演したが・・・。未だ売れる代物じゃない。2021年瀬戸内国立公園赤穂市の海辺に2棟のアイパオが立ち上がってようやく事業の産声が上がる。これにフィンランドから取り寄せたログ材を組み込んで初めて夢の正体を見つけました。

形をビジネスに

いい女性に出逢うと男は誰しも胸が熱くなるもの。だが爽やかな好男子それも静かで渋い笑顔の実業家となると男でも胸がドキドキする。そんな男がいた。故宗政伸一サニックス創業者が遺した宗像市のグローバルアリーナに彼はいた。彼に呼ばれてアリーナに沢山のアイパオを建てる説明を受ける。何とその費用は全てあの博多の怪人がポケットマネーで払うと言う。アリーナからの帰途その怪人からのメール。

「決して値引きするんじゃない、その代わりに良い仕事をしろ」と。企業家たちは凄い。中洲士郎未だ黙鶏たりえずせわしき事チャボの如し。

コムロデザインのThe Smoker。喫煙者天国の小型アイパオ。「喫煙者肩身が狭いからねえ」と。
アリーナに出現するかもしれません。

皆さまどうぞアイパオのデビュー応援してやって下さい。

二酸化塩素ストア頑張ってます。少しだけ世間のお役に立っているようです。

https://clo2powerstore.com/

アイパオの話(その67)

4月は日本中が桜さくら。そして多くの若人が新しく社会に出ます。中洲の会社でも新入社員の歓迎会と研修会、そしてトドメが恒例の久住「坊ガツル登山」です。今年は昼飯抜きでジムに通った効果が出て難所「すがもり越」を踏破しました。78歳未だ元気です。

ところで近頃の世の中の不条理、一体どういうことでしょう。コロナのドサクサに政治と医療と企業の癒着と拝金主義、次世代への莫大な借金のツケ。そしてウクライナでは世界の注視の中での残虐行為。現世の大人は一体どうやって子供たちに次の時代を託すのでしょう。

皆様、こんな時こそ商品開発で気分転換ですぞ。本当は若人に戻ってヴェルレーヌの恋の詩に浸りたいが今はダメ。ヒット商品出なけりゃ会社は危ういのです。

前回皆様に100坪分譲建売農園200万円プランを自慢げに明かしました。しかしネットを検索すると中洲の独創などかけらもない事が明らかです。誰もが農業ビジネスに目を付け中洲に似たアイデアを探り当てているので少しガックリしました。ケミホタル開発でもそうでしたが同じ時に同じことを世界中できっと200人が考えているのですね。

だったらそれがどうして世に実現しないのか?今回は登山研修7名で泊まったレゾネイド久住の高級ホテルのベッドの中、相部屋だから燈を灯さずにアイパッドをググって思案しました。

日本にイノベーションが起こらないのは矢張り霞ヶ関の諸規制が原因です。各省庁は一様にイノベーションを抑えて既得権益が侵されないことに専念しております。農林水産省では農地の使用をがんじがらめに縛っておりました。極め付きはお情けで認めた貸し農園にも恥ずかしい規制の数々。「貸し農園の賃貸は認めるが同一人物が5年以上同じ土地を使用しない、出来た作物は売ってはいけない」と。

「食料品の輸入がストップしたら大変。37%の食糧自給率を何とか上げろ!」とぬかしながらですよ。

年老いた農民はもはや鍬が握れない。代わりに若者達が農業に活路を見出そう、都会を出て農園で子供たちを育てたいと願ってもハナから無理ですね。

そうなると例によって私生児魂が頭をもたげます。「規制には何か抜け穴あるはず。二酸化塩素ではやられたが今度は病気相手じゃないから戦いやすい。世界に類のない圧倒的に素晴らしいファーム開発プラン出せば勝つ筈だ」と。

はてさて難題が解けません。悶々として夜を過ごしました。

10㎡(6畳)の狭いログパオにどうやって風呂とトイレを置くかがその問題です。風呂についてはカズキ君が中洲の棺桶を思わせる風呂桶をこさえました。収納庫兼食台兼ベッドで辛うじて合格。だがトイレだけはどうやっても得心が行かないのです。いくら狭くても豪華TOTOウオッシュレットを置きたい、しかし問題は浄化槽です。ウンチを焼く、バイオで分解、SAPで固める、穴を2箇所掘って交互に土を埋める等等。これらを牛のように反芻しても決め手を欠きます。

「思考が行き詰まったらターゲットを変えてみること」いつしかそんな癖がつきました。

建築基準法逃れで部屋が狭いからやっぱり二階だな。だったらロフトだ。50mm厚のログ材をボルトで繋いでロフトを作ろう。これまでPVCの素材ではどうやってもロフトは無理だった。だが今回は丈夫な北欧ログ材で頑強な木製ロフトが作れる。しかも小屋の側壁がログだから耐えられる。ロフトには丈夫な手摺と梯子をこさえよう。屋根裏の隠れ家が一番好きな子供たちの様子を空想していた・・その時妙案が・・・。

TOTOトイレを二階に置いてトイレに浄化槽を直接繋ぐのだ!大口径塩ビパイプを4回折り曲げて中を浄化槽に細工する。ここはオーノ君の出番、浄化はオールド君が鯉の水槽で実証済みじゃないか。

フィンランドの山小屋ではトイレなら落とし込みが常識だが日本の役人がそれを了承するはずがない。勿論世界一快適なTOTOトイレに飼い慣らされた日本のユーザーも必ずNGを出す。しかしこのパオトイレを見ればお役人も最早NOと言えず自分も一軒欲しくなる筈だ。

これを来年1月ラスベガスでのCEショーに出して世界の投資家の目を惹きつけよう。「テスラを追うiPAO」とかホラ吹いて。

そう。今日4月10日は母親中洲若子の誕生日。生きていてくれたら96歳でした。

パーティで仲間に振舞おうとカズキが喜んで仕事サボって釣ってきたキジハタ
アイパオ野菜工場で玉ねぎ植えたら0.4㎡でこんなに沢山、パーティの食材に
開発館横の非社有地で歓迎パーティ
老婆(ラオポ)の秘伝のタレのカツ重が進化を遂げて好評でした
坊ガツル登山研修、スガモリ越です。
魚植共生館でザリガニ釣に興じる新人。

ログのスカートを穿いて砂パオも進化しております。

アイパオの話(その65)

ふ~っと「一体何のために仕事しとるんやろう、何のために生きとるのかな」などと呻吟の真似していたら簡単に「ああ、人生はそういうことか」と感じさせられた1月29日からの1週間の旅でした。

前回甚だ自慢げにお知らせしたのが札幌の茨戸川ワカサギ釣り小屋ヤロー。それを2月2日NHK実況中継が予定される中、記録的な大雪でパオが浸水。それで札幌で凍え死んでの補修作業に続いて右膝がコクコクしながらの名古屋と海老名出張行です。

指揮官は難事に臨んでは決断する役目があります。川に浸かった小屋を発泡板で浮上させるかバラして再度組み上げるかにボンクラ指揮官は迷いました。NHKの生中継迫る中、奇策のパオ浮上作戦を敢行(その場は取り繕いましたがそれも2月7日の記録的大雪で再度浸水の憂き目に。結局作戦ミスでした)

床の氷にハンマー振うイシバシ嬢

くたびれ果てて右膝ままならぬ状態で名古屋の老医師のもとへ。蔓延するオミクロンから病院の看護師さん達を守ろうとの目的でソリューションでのウガイ実施を提案しておりました。今回その情況の検証です。それがいきなり年配の婦長さんの憎悪に満ちた眼差しの出迎えを受け更に「アタシね忙しいんですよ。あなた~、マスクが下がっているじゃないですか」の悪態に中洲たじろぐばかりで言葉が出ません。

それでかなり落ち込んでの最終目的地海老名入りでした。それがタクシー降りるなりまん丸い体躯と満面の笑顔のご婦人、それに4名の青年が丁寧なお出迎えです。「岡惚れしたアイパオの話がしたい、開発した社長に会いたかった」との熱烈求愛でしたから中洲、膝の痛みも忘れてヤニサガッテおります。

お相手様の事業は学童保育と街おこしという崇高な使命に燃えるNPOでした。そして例によって中洲節が炸裂。危うくご婦人を抱きしめて弾き飛ばされそうな夢談義でした。

海老名市のシャッター商店街、ブラブラだけの年寄りたち、放課後行く宛のない共働き夫婦の学童たちの町。と言っても静かな陽だまりに佇む平和な日本の片隅の光景です。

そこにボラティアの大学生達と図り市政と企業を動かして街おこしをしようとの使命に燃えるご婦人がアイパオに目を付けました。子供たちの為に「寄り道パオ」を建てようと企画されたわけですよ。

「よーしそれじゃあここにキャンパオ水族館、魚とザリガニもウジャウジャ入れて子供達にザリガニ釣りをさせよう。騒ぎに年寄りたちが仲間入りにやって来る。相鉄バス寄贈の「寄り道バス」の横にはコロナ療養パオ、アフターコロナではこれが学童保育児の自習室に。兄ちゃん達とスマホゲームに興じ、婆ちゃんがそこでボタモチを作ってくれる。

シャッター閉じた店主、ならば自分の店にもアイパオ建てよう。もう一度美味しい漬物の店を開けようと奮い立つ。

結局子供達が日本の沈滞を救うかもしれないな。

ヒラタ君専用の工作室をアイパオ事業室に使うことになりました。そこで追い出されたヒラタ君用にと倉庫に海老名仕様のログパオをこさえました。

そしたらネット通販チーム3人が不公平だ自分達も欲しいと。「やれやれ。一棟で勘弁してよ」と。そもそも領域侵犯の建築などに手を出して「パオと共に会社は去りぬ」ではサマになりませんです。はい。

アイパオの話(その64)

数少ない読者の皆様どうぞ今年も中洲の下手な作文にお付き合い願います。

先ずは「我ら穀潰し軍団」改め「年取っても青年タイ」の北国侵攻の様子が今年の第一報です。それはお屠蘇気分が抜けない正月5日に始まりました。

8、9、10の3連休に一年中で一番楽しみのスキーツアーを画策していたコムロチームに中洲士郎悪魔の呼びかけ。社内で誰もが認める一級アーティストのオノデラと企画のマオ、この2人はスキー諦めて中洲の札幌プランを手伝えと。コムロチーム内に激震が走ったようです。

どうぞ次のYouTube でオノデラの作品見てください。

ついでに昨年のナカスジ君の動画も

この一年でワカサギアイパオはここまで進化しました。そしていよいよ中洲イカサマ節の出番です。

見よ日本の若者たちを。

世界のスポーツ界、芸術芸能界、文学アニメ界に堂々冠する勇姿を。それに引き換え政治と行政と企業はバブル弾けての30年、コロナパンデミックの2年間、手も足も出せないでいる。この間に世界市場はGAFAとテスラに蹂躙されて日本企業群はもはや諦めの体をなしているではないか。

原因は簡単、腑抜けの社長族が悪い。社員の尻を叩いて他社の真似してでも直ぐに成果を上げろと喚き、役人と組んでは規制を利して既得権に胡座をかく。もう少し日本の若者たちの真摯な努力に見習うべきではないか。

時価総額1兆ドルのテスラを見よ。

ついこの前まで中洲同様のスカンピンだった。小銭を作りリチウム電池の電気自動車を手作りした。当時車載用リチウム電池が無かったから東芝ダイナブックの廃品電池を大量に組み込んで動くことを示した。それで市場から金を集めて瞬く間に世界一になった。しかし電気自動車もパソコンの軌跡を辿って10年後テスラの姿はないかもしれない。とにかく世界は激しく変化を続ける。

世の成功者の軌跡を自らに取り入れればこれから20年で日本は産業界にもスポーツ界のような輝きを取り戻す筈だ。

だから「明日のテスラ・アイパオに乞うご期待」淡雪のように直ぐ消え去る夢であっても。

アイパオの話(その63)

ひ孫に残す新製品(その9)

ログ調アイパオ

2010年4月にアイパッドが発売されて以来アイパッド漬けの毎日です。こ気味いいのがスクリーンショット。パソコンと異なりスパッと記憶に飛び込む感じが好きです。

自慢に聞こえたら御免なさい。毎日新たに目についたものはアイパッド操作よろしく頭にスクリーンを飛ばしておきます。夜中布団の中、幸い隣には誰もいませんのでそのスクリーンショットを牛のようにもぐもぐ反芻します。すると面白い(ロクでもない?)アイデアが湧き出て来るのです。

1週間ほど前のことです。倉庫を改装してアイパオ生産と試作とネット通販用に冷暖房を効かせた部屋をこさえる為フィンランドからログ材を取り寄せました。そのスプルースの無垢材厚み50mmがスクリーンショットに入ったのです。

これだけの厚みがあれば6Φの通しボルトが通せる筈だから3本通せば頑丈な甲板ができるだろう。アイパオの床は勿論、キャンプ用テントの床板にも最適に違いない。

普通ログハウスというのは側壁にログ材を積み上げてダボ(繋ぎの丸棒)と上からの通しボルトで締め付けます。しかし床板を通しボルトで締め付けるのは意外と新発見かも知れないのです。

翌朝ヤングナカムラに秘密をバラして取り掛かりました。スクリーンショットの反芻で生まれたアイデアが上手い具合に形になったのです。今後は全てのアイパオの床がPVCから北欧の床板に変わるでしょう。

床板が気に入った仲間たち皆大事な予定を放り投げてログ調グランパオに取り掛かりその日のうちに一気に完成させました。

ここで仲間達とオールドナカムラの焼いたピザをツマミに冷えたビールを飲むのです
ログ調アイパオの5枚のソーラーパネルで100W発電中
左から最新のログパオ、魚植共生パオ、砂パオ、トマトの木パオです

この頑丈な甲板2枚にこれも丈夫なゴム浮き輪を挟んでアイパオを水上に浮かせるのです。悠々と水上生活をしている景色が頭をよぎります。早いうちに一緒に挑戦しませんか?

アイパオの話(その62)

ひ孫に自慢する新製品(その7)

魚植共生アイパオの話の続きです。

ひ孫の時代になったら「ひいじいちゃんの時代って自然界の魚をとって食べとったの?野蛮人やね」「野菜を畑で作っとったの?馬鹿らしい」って言われるかも。

前回では川に浮かべた箱舟で野菜を栽培するという欲張りの魚植共生でした。結局2匹の鯉のうちの1匹が水槽からのジャンプで絶命、片棒の鯉が悲嘆に暮れる中プールアイパオを解体して魚植共生は仕切り直しです。

先ずは新しい鯉の調達。昼休み。会社のそばの大根川での鯉釣りにオールドナカムラ先生を誘ったら結局遊び好きの他のゴクツブシ連中も一緒の川遊びとなりました。

ここはヤングナカムラ君、橋の上から模範演技です。餌は横のコンビニの食パン、鯉は歯がないので吸い込み仕掛け、パンで針を隠します。何しろ雨続きの8月で水も濁り流れもあるので釣り名人も10個の眼差しの中で緊張しました。中洲は川底を這わせながら時折り餌を浮き上がらせる名人芸を感心して見るだけ。白いパンがぼんやり姿を見せた瞬間それを目掛けて草むらから黒い塊が猛ダッシュ。何しろ魚はでっかくて餌をくわえて古賀の海に向かってまっしぐら。道糸直結だから糸は無事だが針が延びて魚はなんとか逃げ去りました。

結局小型の鯉、それでも50cm余りの頃合いの仲間2匹を釣り上げて回転水槽に放ちます。これを待ち構えていたように先住の雌の鯉が嬉しそうにじゃれつきます。どうもこの鯉はただの男好きだったようです。

この回転水槽の上に12艘の新型野菜舟をホースで繋ぎ底にお魚トンネル兼台座を置いて舟を固定しました。鯉の糞で濁った水を野菜舟にポンプアップして循環させております。

アイパオの中には2段水槽を置いて例のヒメノさんの甘いトマトを挿木してもう直ぐ豪華魚植共生館のオープンです。

ひ孫の時代になったらデパ地下で養殖のエビや魚と一緒に新鮮野菜が生きて売られているでしょう。今と違って少し野蛮な光景かも知れません。

写真をご覧ください。

3匹の鯉が泳ぐドーナツ型水槽と固定した12個の水耕野菜箱です
野菜箱を支える台座に隠れたつもりの鯉くん

アイパオの話(その61)

こんなもの作れば便利だろう、人様に喜ばれるだろう。アイパオの開発の始まりもそうでした。ところが家というのは一つでも欠陥があれば早速買主に文句言われ直ぐに出かけて修理です。だから家なんかに手を出すんじゃないと自分を戒めておりました。しかし家という商品の開発にどうしても心が騒ぐのです。

ひ孫に自慢する新製品

(その6)アイパオ砂場

犬猫の糞尿に汚されず幼児たちが炎天下でも雨でも雪降りでも年中砂をいじくりながら空想出来る砂場が欲しい。それをかなえるのが「アイパオ砂場」です。

しかし新製品のアイデアには必ず横槍が入ります。「知らないの?今時の幼稚園の砂場はねえ・・・だからアイパオ砂場なんて売れないよ」と。

最近になってアイパオが一人の経営者の目に留まりました。社業の3D映像をグランパオの内壁に投影すると言うのです。ヤングナカムラの企画書を見て「士郎さんこれは売れるよ」と仰ってくれます。中洲が20年以上尊敬するその経営者が今度は社内保育園施設を案内してくれました。社内ベーカリー、社内コンビニの他に立派な保育園まで社内に設置されるとは。

彼の経営手腕は到底中洲の及ぶところではありません。それに鶴瓶そっくりの風貌と軽妙な語り口、と言えば博多商人なら直ぐに思い起こされるでしょう。そうです。G社のM会長ですよ。

案内された保育所の外庭にシートでしっかりカバーされた砂場がありました。この炎天下、砂場で幼児たちを遊ばせる園長や父兄はいませんね。機を見るに敏の中洲これを逃さず世界初の「アイパオ砂場」の売り込みに成功しました。

そこに「空調完備のアイパオ砂場」が完成し今日がその落成式でした。「会長!定価40万円。ビタ一文値引きしませんよ」との中洲の宣告に「実際には材料費だけで100万は下るまい。それに砂代や延10名以上の作業経費。これは皆さんの昼飯代よ」と墨で書かれた祝儀袋を手渡されました。ご祝儀だけは勘弁願いましたが昔気質の経営者はさすがに作法が違いますね。それで「会長!キャンパオ砂場を一万棟売ったらご祝儀必ず頂きます」と格好つけました。

園児たちに新しい砂場を紹介する園長先生
砂を確かめる園児たち。壁掛けクーラーで快適空間。

アイパオの話(その60)

皆さんをガッカリさせたくなくて直ぐに報告出来なったのですが野鯉の多分雄の方が死んじまって残された雌鯉が悲しんでいます。

水槽の壁に映る自分を彼氏だと思ってか身体を空く擦り付けます。この子は一時も離れずに彼氏に寄り添って過ごしておりました。

こうやって何時も彼の後ろをついておりました

実は水槽が余りに糞で汚れるのでこの回転水槽に引っ越しさせた夜、雄鯉がジャンプして恐らくアイパオの窓から外に飛び出したのでしょう。翌早朝、駐車場のコンクリートに大きなゴミ袋かと思って近付いた女子社員が目にしたのは・・もしかして・・。悪い予感が的中したのです。

出社して知らせを受けて駆けつけるとかなり広くコンクリートが濡れており砂を被った鯉は半分ほどに痩せておりました。ヤッパリこの子は汚いがあの大根川で力一杯泳ぎ回りたかったのかも知れませんね。皆で庭に穴を掘って埋葬しました。

オールドナカムラに早く大根川で友達の鯉を2、3匹捕まえて来るように頼んでますがこの暑さ、思うように魚取りとは参りません。それともこの残された鯉を先に川に戻そうかと思案中です。

アイパオの話(その59)

今日も楽しい話。ルミカでは我々自称ゴクツブシ軍団が住む開発館と駐車場をはさんで本館がある。その3階を実効支配しているのがオールドギャル軍団だ。彼らにとって野菜の価値基準は食えるか安いかだけのようで野菜をどうやって作るかなどには関心がない。まして野菜舟なんか杭にかかったゴミかと、元気印の水軍カボチャは鬱陶しい雑草と勘違いする連中だ。

3日前のこと、形だけの朝の省エネ体操が終わって例の「両足がついた変なナスビ」を彼女達に渡したのです。するとTVにかしましいギャル言葉「キャー可愛い~」の連発と単細胞騒ぎ。(陰口叩くけどその娘達にツンデレだからこの親爺のお脳も知れているのです) その軍団の一人で机の上いっぱいのキャラクターに囲まれて仕事をしているKさんから昨日ショートメールが届きました。面白い写真だから皆さんに紹介します。嫌なマスク取って笑って下さい。

マスクしたモグラかい?  改めてナスビで御座います

アイパオの話(その58)

今日は楽しいお話、野菜船の近況報告です。

カボチャがねえ。船ではご飯が足りないと野菜船の外の茎から根を吹き出して2匹の鯉の排泄物を取り込もうとその白い根を1m程もプールに張り巡らしておりました。蔓は一日で30cm以上も伸びてもう直ぐグランパオを周回します。実が大きく重くなったらどうなるのでしょう。ナスビも頑張ってます。このナスビ可愛いでしょう。前足が付いてて顔は猫みたいです。

ひ孫に自慢する新製品

(その5)周遊型魚植共生アイパオ

写真でご覧のようにグランパオプールにプラダンの箱を浮かべて野菜が育つことが分かりました。そして船の外でカボチャの新しい根っこが鯉からの栄養分を吸い取って凄まじい成長です。これを目にしていよいよ本物の魚植共生に挑戦することに。仕掛けはこんな具合。ドーナツ状の水槽に12個の改良型船、名付けて魚植共生船が塩ビパイプでつながれ液肥と水槽の汚れた水が11艘の魚植共生船内を循環します。水質のコントロールは一艘だけですから管理も大変楽になります。強い水流のドーナツ型水槽で魚達は毎日がオリンピックですね。

一足先に2匹の野鯉がグランパオプールから転居を終えました。「連環の計」の材料ももう直ぐ届くので今週末には回転魚植共生アイパオの完成です。ヒメノさんのトマトに今度は勝ちたいものだ。「なあひ孫よ、社内では中洲以外でこの世紀の一瞬を待ちわびる輩は誰~れもいなかったね」

完成間近の周遊型魚植共生アイパオです。
一日に30cmも伸びるカボチャとルール違反の根っこ
羨ましいヒメノさんの見事なトマト