裸のウイルス(その30)

皆さま。どうぞ子供達をいい加減にマスクから解放してあげましょうよ。今の子供達の姿は無能な大人達を映す鏡であります。冷静に分析し対処すればコロナは終息させれる筈です。

先ずコロナワクチンが当初の期待通りには免疫効果が無かった事実を公に認めましょう。批判を恐れる関係者は免疫予防からコッソリと罹患者の治療に軸足を移すようですね。しかし悲しいかな現状では有効な治療薬が無いのかイベルメクチン等を意図的に隠蔽しているようです。だったら日本国内の英智を集めて開発競争し厚労省がフェアーに薬効を検証すれば日本が世界に貢献し疲弊した産業の再浮上にもなりましょう。ところが効かないワクチンに懲りずに今度もファイザー社達ワクチン屋だけの飲み薬を治験なしに特例承認するのです。ファイザー社の2021年ワクチン売上は4.2兆円22年は飲み薬も入るので6.2兆円大半が利益です。またまた税金の無駄遣い。それを怒る日本人も少ない。もう俺は知~らない。

単に濃い目の水道水に過ぎない10ppm位のソリューションを飲むのが打倒コロナには一番適してていると信じますが薬事法に通っていない以上それを勧めるのはルール違反です。だったら少し濃いめの、そう100ppm位のソリューションで1時間おきに口をすすげば身体のウイルスの大半は除去されて熱も下がりウイルスも口から飛散せず家庭内感染もなく治るでしょう。

例えば500mlのペットボトル水道水にソリューション100の目盛で15cc注ぎ携帯して1日1本口をすすぐだけです。(薬事法通っていないものは服用とかウガイとかの表記は禁じられているのでこんな小さな中洲ブログでもやられます。それだけでなく世のウズウズ虫に中洲は揚げ足取られるのです。これが一番悲しい)

実際40度の高熱で震えていた仲間のカズキ君がソリューション飲んでウイルスの増殖が止まるや直ぐに熱も下がりました。と言えば間髪を入れずに「それでソリューションで治ったとの証拠はあるのか?」の声。後生だからそんなこと言わずに「よ~し俺の大事なおっ母さん楽にさせたいからマウスウオッシュ試すが効かなかったら覚えとけよ」で勘弁して欲しい。皆様のおそばの大切な人が一人でも治ってくれればいい。中洲がコロナに罹れば直ぐに自分で治すのですが毎日朝晩2回飲んでるので生憎罹患しない。例え罹ってソリューションで治しても口に出せません。「世間を惑わす糞ったれ老人メ」とバッシング受けるだけですから。

名古屋の老内科医先生がコロナに罹患した患者さんに了解を得てうがいのテストしてもらう事になりました。うがいした後再度PCR検査して陰転具合を調べるのです。今井博士の研究仲間だけあって本当に仁徳の厚い先生です。先生の治験の結果を偽りなくご報告しますので皆様のご協力お願いします。イソジンなどの市販のうがい薬との比較も大切だと思います。

350cc容量のタンブラーにソリューションをキャップ2杯7ccを注げば60ppmとなってウガイに最適です。    クチュクチュぺセットと名付けました。

中洲士郎が手がけたのはケミホタル、Xチェッカー、洗剤チェッカー、大閃光、アイロッド、アイパオ、二酸化塩素、フードスプレー等等。共通するのは皆揃ってお上の眼を盗むノンカテゴリー商品をばかり。

中洲士郎までも非嫡出児で正規のカテゴリーに入っておりません。中学生の時、英語で私生児の事をバスタードと知りました。密かにBastard Spiritsを胸に刻んだ記憶がコロナで蘇ります。考査の成績が学年トップのあっちゃんに並んで中洲の名前が廊下に張り出されるほど凄かったらそのスピリッツも意味持ちましたが。上手くいかんもんです人生は。

ストアへのリンク貼り付けます。是非覗いてやって下さい。

https://clo2powerstore.com/

裸のウイルス(その29)

二酸化塩素はお上にとって実に厄介な代物だろう。単独の化合物でしかも気体だから通常の薬のカテゴリーに入らない。しかし水に溶けて病原微生物それも嫌気性菌に劇的な効果を示すらしい。しかも2時間もすれば全て体液から抜け出すので副作用が出ようがない。

米国人ジムハンブル氏がアフリカでマラリアに劇的効果ある事を発見して二酸化塩素の凄さが世に知らされました。英国などでは最も安全な水道の殺菌剤として使用されています。それは真水の殺菌処理後二酸化塩素ガスが水道水に残留せずしかも有害な塩素化合物を生成しないことによるものです。

二酸化塩素ガスは亜塩素酸ナトリウムが塩酸やクエン酸などの酸と中和反応して反応液に溶出して茶褐色の液体になります。ハンブルさんのMMSという商品は二酸化塩素ガス以外に酸と塩が液中に残留するので不快な味がして一般の服用は無理です。更に2種類の液体を小分けして流通させ消費者自身に調合させるのも問題であり輸送上も許可が得られません。

この2つの問題を解決するのにルミカは結局3年を要しました。

3000ppmソリューションはドイツ在住のスーパーウーマン・メイコさんの要望を受けて上市しました。二酸化塩素ガスのみの溶液で殆ど無味無臭の優れものですがソリューションでは規制を受けて輸出が無理です。それに容量当たりの価格が高い(1ccあたり10円)。それが今回のソリューションメーカーなら4円で世界の消費者に届けられます。

その仕組みをコムロ動画で説明します。

ソリューションの価格が下がるので新開発燻蒸器バブクロ2の普及が容易になります。これで一応ClO2関連商品の開発の区切りが付きました。